意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話(解説あり)
食料



王様と兵士

ある国の王が船旅の途中強烈な嵐に巻き込まれ漂流しました

助かったのは王とその兵士、二人は無人島へ流れ着きました


「腹が減った、なにか食べる物をもってこい、
用意できたら国へ帰ったとき男爵の位を授けよう」

兵士
「本当ですか!では早速用意致します」

兵士は食べる物を用意して王に食べさせました


「腹が減った、食料をもってこい今度は子爵の位をやる」

兵士
「わかりました」

兵士はまた王へ食べる物を与えました


「食料をもってこい、国に帰ったらお前は伯爵だ」

兵士
「かしこまりました」

兵士はただちに食べる物を差し出しました


「食料だ公爵の位をやる」

兵士
「はい」

兵士は食べる物を出しました

王「腹が減った」

兵士
「申し訳ありません、もう用意できるものはありません」


「心配いらん、今度はわしが用意してやる」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説

 - 上級

解 説



怖い話ですが、兵士は王様に「食料」を四回差し出しています。

お分かりいただけたろうか・・・

「食料」とは兵士の手足だったのである。

両手両足を王様に食べさせてしまって、もうあげられるものがなくなてしまったわけなのですね。

王様の
「心配いらん、今度はわしが用意してやる」
という言葉は結構深くて、
「用意」とはすなわち「調理」だと考えると、兵士の体を王様は食べてしまったということなんでしょうね・・・

いやぁ、、そんな体になって出世してもしょうがないですよね。
それとも王様の命令は絶対だったのかな。

-IMI-



この話の意味はわかりましたか?

厳選した「意味がわかると怖い話」を
お届けしています!
new!



Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2017 All Rights Reserved.