意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話 | 解説付

息子が殺された

もう俺の息子が死んでから…いや殺されてから3年になる。

包丁でめった刺しにされた息子の死体が発見されたが、発見当初は犯人が誰なのか分からず警察は苦戦していた。

しかし発見から2週間後、隣に住む一人暮らしの男が逮捕された。

その男の家の庭から息子の血が付いた包丁が発見されたみたいだ。

「やっとか・・・」

警察は何やってんだと苛立っていた俺は男の逮捕に安堵の溜息をついた。

男は事件の冷酷さと惨忍さから死刑を宣告された。

しかし当然ながらこんな事で死んだ息子が報われる訳はないのである。

もし今俺が一つだけ願いが叶えられるなら、間違いなくこの犯人を生き返すだろう。

ん?なんでかって?

俺の息子が味わった痛みと同じ苦しみを与えて、この手であいつを殺してやるためさ。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説

解 説



『もし今俺が一つだけ願いが叶えられるなら、間違いなくこの犯人を生き返すだろう』

とあるが、なぜ殺された息子を生き返らせることを考えないのだろうか?



語り手の発言として、犯人逮捕まで2週間しか経っていないにも関わらず

『やっとか・・・』という安堵の溜息をついている。



もちろん当事者であれば2週間という時は長いかもしれない。

一刻も早く捕まって欲しいと考えるのが普通だと思うのだから。



しかし、

『警察は何やってんだと苛立っていた俺は男の逮捕に安堵の溜息をついた。』

という言葉から、

『隣に住む一人暮らしの男に罪をなすりつけたのに、まだ警察は見つけられないのか!あんなにわかりやすい場所に包丁を置いたのに!』

という苛立ちを持っていたようにも見える。



そして、男の庭から血の付いた包丁が見つかるのも不自然。

普通は処分したいものではないだろうか?



そのため、真犯人は父親で隣の男に罪をなすりつけた。

しかし、2週間生きた心地がしなかったのが気に食わなく、

生き返らせて同じ苦しみを与えたくなった、ということかもしれない。





Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2015 All Rights Reserved.