【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

腹部の腫瘍

医学部時代の友人から連絡がきた。

「恋人の腹部に腫瘍ができてしまったんだ。すぐ手術すればいいのに嫌がって、やっと説得したんだがもう普通の病院では手遅れだ」

「それは気の毒だな」

「そこでお前に手術してもらいたい」

「え?」

「頼むよ、金なら払う」

「うちは産婦人科だぞ?」

「頼むよ」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



産婦人科に行っていることから腹部の腫瘍というのは「胎児」のことであろう。

中絶できる期間(妊娠21週目までだったか……?)をすぎてしまった。

特別に手術をやってくれる可能性の高い友人に頼んだのである。



それにしても胎児を腫瘍扱いとは・・・信じられない発言ではある。


解説を書いてみる