意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話(解説あり)
5000円札を盗まれた



5000円札

学生の頃、5000円札を盗まれたことがあった。

体育の時間の後のことだった。

「先生!お金を盗られました!」

その一言で授業は中断。

かくして犯人探しが始まった。

物々しい雰囲気の中、全員財布の中を出した。

5000円札が入っていたのは3人。

緊迫した空気になった。

そしてとどめの一言。

「お札の右下に小さく名前を書いておいた」

犯人は見つかった。

そいつは俺を泣きそうな目で見てた。

俺は目を背けたよ。

そいつは停学処分に処されたらしいのだが、ことがことだからな。

学校にいずらくなったらしく、自主退学ということでやめてしまった。

まぁ、めでたしめでたしっていうわけだ。

それにしても驚いたよ。

まさか札に名前が書いてあったなんてな・・・・・・・全然気付かなかったよ。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説

 - 中級

解 説



最後に語り手が「まさか札に名前が書いてあったなんてな・・・・・・・全然気付かなかったよ。」と言っている。

ということは5000円を盗んだのはこの語り手で、犯人に仕立て上げられた人は、語り手からその5000円を受け取った人なのかな。

お金の貸し借りだろうか。
でもそこで「俺のではない、あいつのだ!」と告白できないということは、やましいお金なのかもしれない。

いじめでカツアゲされたとか。

5000円の所有者
↓(盗み)
語り手
↓(カツアゲ)
自主退学者

というかんじかな。

悪いヤツばっかだな・・・


-IMI-



この話の意味はわかりましたか?

厳選した「意味がわかると怖い話」を
お届けしています!
new!



Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2017 All Rights Reserved.