意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話(解説あり)
徘徊老人



おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると、役所が街灯拡声器で放送を流す。

「○○歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」

とかそんな感じ。見つかると、

「先ほど放送した男性は、無事保護されました」

というような放送が流れる。冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。

今朝も、黒っぽい服を着た67歳の男性の行方が朝九時からわからなくなっているという。この寒いのに、よく出歩く気になるもんだ。

と、思ったら夕方になってまた放送が流れた。

「先ほど放送した男性は、発見されました」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説

 - 中級

解 説



地域の放送では生きて見つかった時を「保護」といい、遺体で見つかったときは「発見」というらしい。

67歳の男性は発見だったので亡くなっていたのだろう。

それにしても、わざわざ地域放送で亡くなったことまで伝える必要はあるのだろうか・・・。



この話の意味はわかりましたか?

厳選した「意味がわかると怖い話」を
お届けしています!
new!



Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2015 All Rights Reserved.