意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話 | 解説付

電話での会話

電話

「よう!久しぶり!」

「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」

「どうした?風邪か?」

「ああ悪性のインフルらしい。今、家で寝てるとこ」

「インフルかよ。物騒だな。気をつけろよ」

「本当最近物騒だよ。近所では通り魔事件が多発してるらしいし」

「何だそれ」

「何でも突然部屋に入ってきて後ろからロープで首をギュッ、といくらしい」

「何それ。気付くだろ。普通。まあ俺なら即返り討ちにしてやっけどな」

「返り討ち?言うねー、そんなマジキチ相手に?」

「余裕っしょ!」

「マジでか。でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」

「おいおい大丈夫かよ?」

「………わりい。大丈夫大丈夫。風邪ひどくなってきた」

「大丈夫か。声変わってんぞ」

「ああ…ところで今度お前んち行きたいんだけどさ。道教えてくんない?」

「おいおい。何回も来たことあるだろ?」

「忘れちまった。住所教えてくれたら行くよ」

「しょうがねえな。XXXX町XXXX番地な。もう忘れんなよ」

「わかった。今度必ず行く」

「じゃ安静にな」

「ああ」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説

解 説



実は、通り魔は会話中に「単語」として出てきただけでなく、しっかりと主人公と「会話」をしている。

まず、友達はインフルエンザで家で寝ていて、主人公と電話をしている。

その途中に通り魔は部屋に入ってきて、ロープで友達を絞殺。
途中に友達は、激しくむせてしまう。

それがこの文章。

「マジでか。でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」

実はこの時、友達は通り魔から絞殺されてしまう。

そして、通り魔が電話に出る。

「………わりい。大丈夫大丈夫。風邪ひどくなってきた」

「大丈夫か。声変わってんぞ」

主人公は、インフルエンザの影響で声が変わったと思い込んでしまう。

その後、通り魔は主人公に住所を聞く。

主人公は、通話相手は友達と思っているのであっさりと住所を教えてしまう。

その住所を知った通り魔はもちろん・・・。





Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2015 All Rights Reserved.