意味がわかると怖い話

NAVERやグノシーなどでまとめられている「意味がわかると怖い話」。意味がわからなくてモヤモヤしたことはありませんか?全ての話に解説が付いていますので、答え合わせに是非チェックしてみてください!

意味がわかると怖い話 | 解説付

教師という仕事

私は教師という仕事にやりがいを感じている。

教師になってかれこれ33年になるが、この仕事は人を救うことができるのだ。

教師になって10年が経った頃、私の人生の転機となる事件が起きた。

その事件とは教え子の自殺だ。教え子の死…。

抑えられない感情が溢れ、私はそのとき自分の役目を知った。

それから私は自殺願望者を救う活動を始めた。

今まで出会った人数は42人。

彼らと会話をし、彼らの気持ちを理解し、時には強く説得をした。

しかし説得が及ばず7人だけ救うことができなかった。

非常に残念だ。

定年まであと4年。

大変だがやりがいのあるこの活動を教師である間は続けていきたいと思う。

[amazonjs asin=”408617930X” locale=”JP” title=”地獄先生ぬ~べ~ 文庫版 コミック 全20巻完結セット (集英社文庫―コミック版)”]

(Visited 29 times, 1 visits today)
意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説
  • 友だち追加数

解 説



「自殺願望者」が「救われる」のは、自殺を助けてもらう・後押しされるとも考えられる。

この教師は自殺者願望者を強く説得し自殺させることを手伝っていると考えると、42人のち7人を除いた35人はすでに自殺をしたことになる・・・

あと4年もこんなことするのか・・・教え子の自殺で気がおかしくなってしまったんだな・・・

-IMI-