意味がわかると怖い話まとめ 解説付き
「かぶとむし」




会社から帰宅してきてポストを開けると、紙切れが一枚入っていた。

そこには殴り書きの汚い字で何か書かれていた

文字はかすれていたが、何とか判読する事が出来た。

「か ぶ と む し」

…??

意味がさっぱりわからないが、

近所の子供の悪戯だろうと対して気にも止めなかった。

風呂から上がり、缶ビールを開けて至福の一時…!

…のはずが、…ぬるい!

どうやら、とうとうボロ冷蔵庫め!ブッ壊れやがったか。

常温のビールなど飲めたもんじゃない!

…私はブツブツ独り言を吐きながらも、

仕様がないので今からコンビニに行くかどうか迷った。

…が、風呂あがりで出かけるのも面倒臭い。

時計を見ると午後10時。

…妻は、残業で帰りが遅くなる旨のメールが先程あったばかりだが、

もしかするとそろそろ帰ってくるかもしれない!

…そんな淡い期待を込めて、妻のケータイにかけてみた。

聞き慣れた着メロが、キッチンの方から聞こえた。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!










意味がわかると怖い話
「かぶとむし」
-解説-






こう言う意味のわかると怖い話はあまり好きではないのですが、一応解説を載せますね。
こじつけ感があり、あまり怖くないですし、次の話に進むことをお勧めします。
それでは解説です。


「かぶとむし」
はカタカナで
「カブトムシ」
と書かれていました。

「カブトムシ」と書かれた紙をひっくり返すと
「ツマイレタ」と読めるようになります。
(殴り書きなので無理やり感がありますが)

つまり、冷蔵庫の中に妻が入れられている(妻入れた)のでしょう。

冷凍庫の中にでも押し込まれているのでしょうか…。

着メロがキッチンの方から聞こえたということは、
もしかしたら犯人がまだそこにいるかもしれませんし、もしかしたら冷蔵庫の中から聞こえたのかもしれません。

怖いと言うよりモヤモヤしますね。

\こちらの外部記事も読まれています!/

【2023年9月最新】モッピーの入会キャンペーンをわかりやすく解説【2,000円貰える】

2023年9月1日~30日までのキャンペーン期間にモッピーに新規会員登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えます。

意味がわかると怖い話
「かぶとむし」の
解説・コメントを書く