意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

意味がわかると怖い話まとめ | 解説付き

とあるひき逃げ

45,736

去年、友人の妹が車にはねられて死んだ。ひき逃げだった。

犯人はまだ捕まっていない。

その悲しみせいか、去年の誕生日に友人は祝ってくれなかった。

今日の誕生日、友人は久し振りの笑顔を見せた。

そして、誕生日プレゼントがあると言われた。

「直接渡すのは恥ずかしい。紙に書いておくから、俺が帰ってから探してくれ。」

と言われた。

友人が帰ったら、俺はプレゼントを探しはじめた。

すると、友人が置いていったのか紙に、調味料の棚の、お酢の上の段の布の中にある。

と書かれていた。

自分はすぐにそこに行って確かめた。

あの友人が何をくれるのか楽しみだった。

布と一緒においてあった紙には、腐る前に食べてくれ。

と書かれていた。

布の中には俺の大好きなぼた餅がくるまれていた。

まだ食べていないがとても美味しそうだ。

友人には何を返そうかな。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「とあるひき逃げ」の解説



うーん…こういう意味がわかると怖い話は本当に好きではないです。解説を読んだら他の話に進んでください。
それでは解説です。

ほとんど駄洒落ですが、、

「酢の上」→「す」の上ということで「し」
「布の中」→「ぬ」と「の」の中ということで「ね」

つまり「しね」ということになる。

この語り手がおそらく轢き逃げの犯人で、友人は復習するためにぼた餅を仕込んだのだろう(それならこんな暗号めいたことをしなくても良いのですが…)

おそらく、ぼた餅には毒がもられていたりするんでしょう。
全く怖くもなんともない…