意味がわかると怖い話 | 解説付

廊下の鏡

俺が昔通ってた小学校は少し田舎にあり、 各学年に一クラスしかないような小さめの学校だった。 

そこでは当時「廊下の鏡」って噂が流れてた。 

夜中の学校の廊下の真ん中に現れる巨大な鏡。 

それを見た者は死んでしまう。 

といったありがちな感じのものだった。 

3年生のホラー好きだった俺はその噂を聞き、 

友達を二人誘って早速次の晩親に黙って学校に行った。 

鏡はすぐに見つけられた。 

俺たちの教室にたどり着く手前で廊下を塞いでいたのだ。 

ちょうど廊下の中央に位置している。 

鏡には当然自分の姿が映っていた。 

俺「噂は本当だったんだな!」 

友達は返事をせず、真っ青な顔をして少し震えていた。 

何が怖いんだか。ただの鏡じゃねーか。 

と思いつつ鏡をよく見てみた。 

鏡には教室の横に置いてある黒板消しクリーナーや、 

教室の扉の上に付いている3—1と書かれたプレート、 

天井からぶら下がっている電灯などが映っている。 

そこで俺はやっと気付いた。

鏡には、友達二人の姿が映っていなかったのだ。 

俺は友達を置いて家まで一度も振り返らずに走り切った。

翌日、3—1の教室の側で二人の児童の遺体が発見された。

俺はすぐに転校した。  

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



  『各学年に一クラスしかないような小さめの学校だった』

『3年生のホラー好きだった俺は』というところから、語り手の教室は『3−1』であることがわかる。 

『廊下の鏡』は『俺たちの教室にたどり着く手前で廊下を塞いでいた』はずなのだが、『3—1と書かれたプレート』が映っていた。 しかし、鏡が教室にたどり着く手前の廊下を塞いでいたのであれば、『3—1と書かれたプレート』が映るはずはない。 


となると鏡に似ていたが、向こう側が見えていたということになる。 なので、『友達二人の姿が映っていなかったのだ』のは当然ということになるのだが… なぜ語り手だけが映っていたのだろうか? 考えられることとしては、語り手にそっくりな何者かが向こう側にいたため、語り手は自分が映り込んでいると思っていた。 

しかし、実際は殺人鬼なのか幽霊なのかはわからないが、鏡に映っている語り手の姿ではなく、別の何かであった。 語り手は即座に逃げ出したため助かったが、友達二人はその場に残ってしまったため、殺されてしまった。

というか鏡はどうやって立ってたんだ??


Message

メールアドレスが公開されることはありません。



Copyright© 意味がわかると怖い話, 2017 All Rights Reserved.