【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

難問 短い

真実を映す鏡

鏡

太郎「これが真実を映す鏡?俺の本当の姿がこんなブサイクなおばさんなわけないだろ!」

結衣「冗談じゃないわ。誰よこれ。あたしの将来ってこと?赤の他人じゃないの。」

翔太「ボク、男の子だよ。ボク、女の子なの?よく分かんな~い。」

梅子「あたしの若い頃かい?いやぁ、もうちょっと美人さんじゃったよ。この人はあたしじゃないね。」

ボブ「ヘイ、ユ~。コレ、ダレ?オレサマノ、ファンカイ?ダサイネ~。」

花子「何これ。普通の鏡でしょ。どこが真実を映す鏡なの?馬鹿馬鹿しい…。」

医者「よし、花子にしよう。」

剛志「殺すぞ!てめえ!」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



これ結構面白い話。

実はこれは医者が多重人格者の人格を誰に統一するかを調べているところなのです。

花子だけが鏡に映った自分が自分だということに何の疑問も持っていない。
つまり花子が主人格なのかな。

最後の最後で剛志という人格が自分の人格が消されてしまうことに気づいて、医者に『殺すぞ!てめえ!』と言っているんだね。

それにしても、、、何で剛志は自分の人格が消されるってわかったんだろ。
もしかしらら剛志が主人格で、花子が嘘をついてるのかな・・・それはそれで怖い。

-IMI-


解説を書いてみる