若者

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
三つ目の願い

あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。

「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」

「そうらしいな」

「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」

「そうだな、一つ目は『俺が健康なうちに残り二つのの願いをかなえてくれ』だ」

「なるほど、考えたな。じゃあ二つ目は?」

「俺が若いうちに最後の願いをかなえてくれ、だよ」

「え?じゃあ三つ目の願いは何なんだ」

「それがなあ・・・実はまだ決めていないんだよ」

そのとき、どこからともなく恐ろしげな声が聞こえてきた。

『早く最後の願いを言ってくれ!いったい何百年待たせたら気が済むんだ!』


解読人数
12+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



よくある三つの願いを叶えてくれという話ですが、この話に出てくる語り手は見事に解決していますね。
皆さんならどうするでしょうか?
それでは解説です。

一つ目と二つ目の願いを合わせると「健康で若いうちに願いをかなえてくれ」となります。

つまり、三つ目の願いをする(かなうまで)は「病気にもならず、若いまま」でいられるのです。

そういう話をしたところ、『早く最後の願いを言ってくれ!いったい何百年待たせたら気が済むんだ!』といった悪魔?の声が聞こえてきたことから、この若者はただの若者ではなく、実際に二つの願い事を悪魔に叶えてもらって若いまま何百年と生き続けている人物なのだろう。

そういった意味で、長い間生きているので物知りなのかもしれませんね。頭いいですね。



解読人数
12+