【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

脱獄

蟹

一人の男が刑務所を脱獄した。

男は窃盗の罪で3年間の懲役を食らっていたが絶えられず逃げ出した。

やがて男は海に出た

海岸伝いの岩場に逃げ込むと
上のほうに人一人分隠れられる窪みを見つけて其処に隠れた

上で何かカサカサ音がするので注意してみていると
カニの歩く音だった

見るとポツポツ穴が開いている。

男は安心したのか眠ってしまった・・・・。

やがて目が覚めたとき男は異変に気がついた

岩場の周りが海水で囲まれて孤立している。

どうやら時間がたつと
満潮になる時に目が覚めたようだ。

男は泳げないので
仕方なくこの穴で一夜を過ごす事に決めた。

「なぁに、大丈夫だ!
ここは死角になっているから刑事にも見つからないし
しばらく我慢すればいい。
朝になれば潮が引くからここで一日我慢すればいいさ」

上ではカニがカサカサと音を立てて動いていた。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説




  • じょか より:

    このお話では「カニ」という言葉が強調されて使われています。推測ですが、蟹は自力で岩の上には登れないのでしょう。つまり、潮が満ちると岩場の上まで満ちる、
    語り手の寝ている時に満ち溺れて亡くなる可能性が高いです。3年刑務所で過ごすのとどっちがいいんでしょうね。

  • imi より:

    な、なるほど。。。

解説を書いてみる