ベッド

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
ベッドの下

中学生の頃、友達の家に皆で集まって試験勉強をしていた時の頃。

仲間内ではその子だけ自室+ベッドで寝ていて、うらやましいなーという会話から、都市伝説の、鎌を持ったおじさんがベッドの下に潜んでいる話になった。

その話を聞いて、友達は

そんなのいるわけねーじゃんw

と言ったので、皆で一斉にベッドの下を覗くと、そこには何も無かった。

つきあたりの壁まで、埃の玉一つ落ちていなかった。

彼は頭を抱えて絶叫した。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



なるほど。。。
これはよーく考えると怖い話かもしれません。
皆さんは意味がわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

普通埃がたまるであろうベッドの下に"埃の玉一つ落ちていなかった"ということは、逆に直前まで何かがあった誰かがいたということになりませんか?

もしかして鎌を持ったおじさんが居たのでしょうか…

気づいた人には怖い話ですね…


解説を書いてみる