意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

意味がわかると怖い話まとめ | 解説付き

自殺の森

8,785

一月ぐらい前の話し、知り合いと、自殺で有名な深い森に行った。

日付が変わる時、森を散策して居たとき、

一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。

しかも地元Noでは無く関西地方のNo、

荷台から大きな重そうな荷物をおろしてた。

知り合いと駐車場茂みにひたすら息を殺し隠れてた。

トラックの運転手が俺達の車のNoを記録してた。

あの日から、俺達は家に帰って無い。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「自殺の森」の解説



『日付が変わる時、森を散策して居たとき、

一台のホロ付き2屯トラックが駐車場に入って来た。



しかも地元Noでは無く関西地方のNo、

荷台から大きな重そうな荷物をおろしてた。』



日付が変わる頃に遠くからわざわざ大きな重そうな荷物を

自殺で有名な森に持ってくること自体が怪しい。



従って、人にはバレたくないものなので、

死体を捨てていたと捉えられる。



そして、



『あの日から、俺達は家に帰って無い。』



とあることから、きっと死体を捨てていた者たちに見つかって

殺されてしまったのだろう、と推測される。





しかし、

『一月ぐらい前の話し』

『トラックの運転手が俺達の車のNoを記録してた。』

とあることから、もしかしたら消されてしまうことを恐れて

逃げ回っているのかもしれない。



警察に言うことも出来ず逃げ回っている…

となると、この語り手自体が死体を捨てにきたのではないだろうか?



日付が変わる時に森の中を散策しているのも

やはり不自然な部分がある。



何かを見て語り手が何かされる、何かされてしまったと

捉えられる文章であるが、

語り手自体がこのトラックの運転手に対して

手をかけた可能性も否めない。





『一ヶ月前』という言葉から、

語り手が殺されたというよりも、

「なんらかの理由で」逃げ回っている、

と考えた方がしっくりくるように思う。



トラックの運転手に捕まらないためなのか、

はたまた語り手自体が警察に捕まらないためなのか…。