意味がわかると怖い話まとめ | 解説付き

大事にしていた人形

214

普通

さる良家の令嬢が、ある日ふと、

小さい頃大事にしていた人形を思い出し、

一目見たさに従者を率いて屋敷の蔵を探索していた。

程なく目的の物を見つけた彼女は、

満足げに箱を開けるやいなや、悲鳴を上げて卒倒した。

従者が駆けつけると、

その箱の中には和服を纏った少女らしき白骨死体が収められていた。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「大事にしていた人形」の解説