【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
お人形

普通
人形

あたしのパパはとっても優しい。

あたしのことだいじにしてくれる。

料理も上手でおいしくてあたしにいつも

「かわいいよ、すきだよ」

って言ってくれる。

あたしはそれが嬉しい。

…だけど時々
あたしの身体を見てパパは悲しそうにもする。

「やせすぎだね…」

って。

あたしはそれが悲しい。

ドアの向こうには怖い怪物がたくさんいるからあたしは毎日音楽をきいたりパパのお人形をながめたりしてる。

パパのお仕事はお人形を作ることなの。

冷たいケースのなかにきれいなお人形がたくさん。

いち、に、さん、し、ご…ろっこも並んでる。

あたしの顔より少し大きなきれいなお顔。

いろんな髪の毛。

パパが一番好きなお人形は黒髪に大きな目真っ白なお顔のお人形。

とりだしてうっとりした顔で

「なかじまさん、なかじまさん」

って。

だけどあたしが好きなお人形はなかじまさんじゃない。

あたしが好きなのは茶色い髪で細い目をしたお人形。

このお人形を見てるとへんなきもち。

パパがこのお人形と似てるねって言ってたからそのせいかなぁ。

パパがね、なかじまさんばっかり見てるからさっきなかじまさんを怖い怪物のところに捨てたの。

窓から投げてすぐにしめちゃった。

パパが好きなのはあたしだけじゃなきゃ嫌なの。

捨てたらすぐに怖い音がいっぱいした。

やっぱりドアの向こうには怪物がたくさんいるんだね。

もしかしたらちょっとほんのちょっとだけパパは怒るかもしれないけどきっとすぐに

「かわいいよ」

って許してくれる。

今日のごはんはなにかなぁ?

おいしいお肉だったらいいな。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



「パパ」は女性の肉を食べるのが大好きなカニバリスト。
いつか女の子も食べるつもりで、大切に育てている。
女の子は小さな頃にさらわれて、外には怪物がいると言われて囲われている。

「なかじまさん」はきっとパパのお気に入りだった人で既に殺されてしまっている(→人形)

「茶色い髪で細い目をしたお人形」は女の子とも似ているということからひょっとしたら女の子のお母さんなのかもしれない。
これもまた既に殺されてしまっているが・・

そんな環境だったのに、女の子がヤキモチを焼いてしまって、「なかじまさん」という人形を外に投げ捨ててしまった。。。

怖い音っていうのは警察のサイレンなのかもしれないね。

多分今日のご飯は食べられないだろう・・・


解説を書いてみる