意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話

名槍

115

かなり昔のこと。

ある村落に若い夫婦が住んでいました。

夫は根っからの博徒でしたが、妻は人と争うことが嫌いな働き者でした。

夫はある時、博打で長い槍を手に入れました。

これはかつて有名な武人が使っていたという名槍らしく、

夫は家に帰ってからも上機嫌でこれを眺めておりました。

次の日の朝、夫が目を覚ましてふと槍を見ると、

柄が短くなって、その穂先(刃の部分)がなくなっていました。

夫は、すぐに妻の仕業だと気づきましたが、もう怒りませんでした。

それ以来、夫は博打をやめ、妻とずっと一緒です。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「名槍」の解説



解説は後ほど追加される予定です