【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

町外れの民家

僕は町外れにある寂れた民家にしのびこんだ。

幽霊が出るという噂があり、
興味があったからだ。

何年も人が入っておらず、
家のまわりは草木でぼーぼー。

探検のようなワクワクした気持ちで入り込む。

窓などは全てちゃんと鍵が締めてあったので、
中まで草木や虫が入って来ていることはないようだ。

その代わりほこりまみれだが…
中は家具もなく殺風景だ。

面白いものも特に見つからぬまま部屋を一通り見て回り、
二階の子供部屋に行く。

押し入れの中に日記のようなものが置いてある。

ほこりを払いながら、ページをめくる。

「4がつ1日。今日からまい日、日きをつけます。」

子供の字だ。小学校低学年くらいだろうか。

ページをめくっていく

「6月18日。がっこうに行きたくない。こころもからだもいたい」

疑問に思いながら読み進める

「7がつ4日。たけし君たちがなぐってくる。
お父さんもさけをのむとなぐってくる。もう死んでやる」

そこで日記は途切れた。

子供がイジメを苦に自殺、
家族はその後引っ越したと言った具合だろうか

かわいそうに…

ノートの裏を見ると
見覚えのある名前を見つけたが
思い出せない

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる