村

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
転んだら死んでしまう村

「転んだら死んでしまう村」の夢を見たことがありますか? 

これは共通夢といって誰でも一生のうちに一度はみる夢だそうです。 

ほとんどの人は夢を見てもその内容を忘れてしまうので記憶に残ることは少ないですが、 

この夢に関しては全国から数多くの共通の証言が上がってます。 

舞台は夕暮れ時の農村で、そこら中に青紫色に変色した死体が横たわっている。 

しばらくすると着物を着た数人の少女が近寄って来て、

「ここは転んだら死んでしまう村なんだよ」と説明があった後、 

少女の中の一人が死体につまづいて転んでしまう。 

少女は絶叫をあげながらみるみる青紫色に変色していき、

やがてピクリとも動かなくなる。

ここから先は内容に個人差があり

「追いかけてくる少女たちからひたすら逃げ回った」とか

「少女に竹馬を渡された」とか

「何事もなく目が覚めた」など様々な証言がある。

しかし不思議なことに「夢の中で転んでしまった人」からの証言は一つもない。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



こういう「意味のわかると怖い話」はいいですね。
秀逸です。
あなたは意味がわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

「夢の中で転んでしまった人からの証言は一つもない」
ということは…

夢の中で転んでしまったら、本当に死んでしまうのかもしれません。
死んでしまうから証言が一つもない(死んでしまっては証言することもできない)のでしょう…

そんな夢見たくですね…
地味に怖くなってくる話ですね。


解説を書いてみる