【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
錬金術

普通
錬金術

錬金術、つまりは「金じゃないものを金にする」

しかしゲームやアニメ漫画のようにファンタジックなものじゃない。

ある少女が錬金術に成功した老人がいると聞いて会いに行った。

「動物の種族により内臓が様々な金属に変わる!」

「どういった事に?」

「魚類=鉛、爬虫類・両生類=銅、鳥類=銀だ!」

「じゃあ哺乳類が!?」

「うむ、今は猿で実験をしている」

錬金術師は特殊な薬液に内臓を浸し、その内臓をすりつぶして熱して水分を蒸発させると、金属の粉が出来るといった。

薬液のことを聞いてももちろん教えてはもらえなかった、帰ろうとすると錬金術師の弟子に呼び止められた

「あれは俺が液の中に金属片を入れているんだ」

「!?なんでそんなこと」

「師匠の機嫌をとるためさご機嫌なら孫娘と一緒になれる」

「じゃあ、薬液は?」

「あれはただの酸だよ、あの中に金属を溶かすんだ」

「でも金は・・」

「ああ、王水でないと溶けないし金がかかる、まぁまだ銀だな」

少女はやめたほうがいいと忠告した、このままだと恐ろしいことが起きる気がしたからだ。

予感は当たった、錬金術師は捕らえられ、弟子は発狂して自殺した。

「やめたほうがいいといったのに、やっぱり錬金なんて無理なんだ」

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



これは・・・・

錬金術師は魚や鳥、猿の次に、「人間」で錬金術を試した。
それも孫娘で試したんだろうね。

ただの酸とは知らずに、孫娘は溶けてしまった。

錬金術師は殺人を犯してしまったことになるし、
弟子も図らずも孫娘を失ってしまった・・・

後味悪い話ですね。

-IMI-


解説を書いてみる



PREV
廃墟の壁
NEXT