【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

バイクが燃えている

友人のマジ体験話だけど。

夜中、山道を走ってると林が燃えていた。

車を泊めてみると、なぜか道路が真っ赤に染まっている。血だった。

そして燃えている林を見るとバイクが燃えている。

その傍らにはヘルメットをかぶってる人が倒れている。

その人は片手がなくなっていた。急いで救急車を呼びました。

自宅へ帰ると車の後輪が真っ赤に染まっていた。なんでだろう。

後日、バイク事故から生還した人がお礼の挨拶に来た。

やっぱり片手はなくなってた。可哀想に。

「私が事故ってたとき、他に車来てませんかね?

私の手は車に引かれてグチャグチャになってたんです。」

その場で殺されるかと思ったらしい。
[amazonjs asin=”B00V5PI7WC” locale=”JP” title=”★ダックテールヘルメット BB700  SG安全規格品【マットブラック】★”]

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



燃えている林に気を取られて、

片腕を轢いてしまった。



『その場で殺されるかと思った』

ということは、被害者は

語り手が轢いたと思っていながらも、

確信がなく、



『他に車来てませんかね?』

と少し強めの口調で問いただすように言ったのだろう。



それにしても、

『車の後輪が真っ赤』

『その場で殺されるかと思った』

ということは、この友人も

自分が轢いたことがわかったはずなのに…



うやむやにしようとしているところが

なんとも怖いところである。


解説を書いてみる