【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

出産

一組の夫婦が、出産のために病院へ行った。

病院に着くと医者は、

陣痛の一部を父親に振りわける機械を発明したと言った。

その機械を使ってみないかと持ちかけられた夫婦は、

二人そろってぜひ使ってみたいと答えた。

医者はまず最初に、つまみを10%に合わせた。

たとえ10%でも、父親にとってはこれまで経験したことがないほどの痛みになるという。

ところが、出産が進んでも、夫はなにも感じないので、

もう一段階あげて欲しいと医者にお願いした。

医者はそれではと、20%に合わせた。

医者は、夫の血圧と脈拍を調べたうえで、

相変わらず元気ピンピンであることに驚いた。

50%まであげても、依然ピンピンである。

これは明らかに妻の助けとなっているいうことで、

夫は痛みをすべて自分に分け与えるよう、医者に頼んだ。

妻はほとんど痛みもなく、健康な赤ちゃんを産んだ。

夫婦は本当にワクワクした。何もかもがうまくいったかのように思えた。

ところが、夫婦が家に帰ると・・・。

ポーチで郵便配達人が苦悶の表情のまま死んでいた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる