【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

角膜移植の手術

左眼の視力が極端に落ちた。 

医者に相談すると、角膜移植の手術をするということになった。 

俺は怖がりだから、全身麻酔をしてくれと伝えた。 

手術台に寝転び麻酔をかけられる。 

目が覚める頃には終わっているとのことだった。 

眼帯をしているせいで目覚めても真っ暗だった。 

まったく見えなかったが無理に目を開けようとするなといわれた。 

少しもどかしかったが、まあ自分の眼のためだ。我慢した。 

数ヵ月後、確かに視力は回復したらしい。 

だが医者には逃げられ、あいつらのことはどうあがいても知りえない。 

俺は暗闇のなか生きていくか、死ぬかしかないようだ。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる