【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

幽霊が見える水晶

先日、古ぼけた骨董品屋で水晶玉を見つけた。


これが家に置いてあると、

その家の者は幽霊が見えるようになってしまうらしい。

この骨董品屋にはこういった怪しい道具がたくさん置いてあり、

ほとんどはデタラメである。

しかし俺は、この水晶を使ったイタズラを思いついた。

俺の先輩に、幽霊を全く信じていない人が居る。

現在は奥さんと2人で、いわく付きの物件に安い家賃で住んでいるらしい。

その先輩を、水晶を使って脅かしてやろうというイタズラだ。

水晶を買い、俺は友人と2人で先輩の家を訪ねた。

と言っても玄関から入ったのは俺1人で、

友人は幽霊の格好をして裏口から忍び込んだ。

水晶の話をひとしきりするが、先輩は笑っているだけで全く信じない。

すると、裏口の方で「バン!」という大きな音が鳴った。

もちろん友人の仕業だ。

先輩も、奥さんも、一瞬凍りついた。

場がシーンとなる。

そして奥さんが廊下の方を見て「ヒッ!」と小さな悲鳴を上げた。

全員が廊下に注目し、暫くすると

柱の影から徐々に白い手が伸びてくる……なかなかリアルで、ゾッとした。

先輩もガクガク震えている。

「もう良いぞ!」と俺は友人に声を掛けた。

すると柱の影から、幽霊の格好をした友人がヒョコっと出てきた。

先輩には本気で怒られたが、ドッキリ大成功である。

まだ震えてる奥さんには申し訳ないけど、

先輩の怖がってる姿が見られて愉快だった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる