雑居ビル

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。

それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう

古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、つい怠けてエレベーターを使おうとした。ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。

と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、思わず後退りした。その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、酷い事でもされたか?ラリってるのか?

こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何やってるかわからない・・。

恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。階段から人が降りてくる気配も無い。

不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。そう思いながらエレベーターに乗った。

荷物の宛先は8階。

おかしい。

ボタンがひとつしかない。

16+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



怖い話ですね。
意味はわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

このエレベーターにはボタンが一つしか付いていなかったという。
何のボタンだったのでしょう。

語り手がこのエレベーターを外から開けた時「中から女性が飛び出してきた」とあることから、このエレベーターは中から開けることもできず、またどの階にも行くことができない設計だったのでしょう(そんなことってあるのかな、ということはさておき)

エレベーターには「閉」のボタンしかなかったのです。
この女性はどれくらい長い間エレベーター内部に閉じ込められていたのでしょう…。
そしてこの語り手も気づいた時には既に遅く、8階に行くこともできず長い間閉じ込められたのでしょうね。

想像すると怖い話ですね。


16+