意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

平等

30

発明家の老人がとある機械を作った

世界を平等にする機械だ

これを使えば全世界の人間が使った人と同じだけの能力になってしまう

馬鹿が使えば全人類が馬鹿に天才が使えば全人類が天才になる

ただし、そんなことをしては世界がおかしくなってしまう

それも博士はわかっていた

その機械は、回路の一部を変えれば世界がもとにもどるようにしてあったのだった

博士には孫がいた

孫は博士と違い馬鹿だった

いつも先生にしかられたり友達にからかわれたりしてうんざりしていた

そんなとき、博士から機械の話を聞いた

三日間たったら元に戻すという条件で孫は機械を使わせてもらえた

三日間は孫にとって天国だった

何をやってもみんなが同じレベルなのだ

三日たって約束通り博士は世界を元に戻すことにした

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です