【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
嘘をつくの大好きな双子の兄弟

双子
1+

僕たちは、イタズラ大好き、
嘘をつくの大好きな双子の兄弟、ボブとジミー。

いつもパパとママにイタズラをしかけたり、
嘘をついて驚かせては、叱られちゃうんだ。

今日もさっき2人でサッカーをしてて、
犬小屋を壊しちゃったんだ。

そりゃ、パパはカンカンさ。

「そこに木材とノコギリがあるから、
2人で協力して犬小屋を直しなさい!!!」

って、ものすごい剣幕で怒鳴られちゃった。

ボブ「しょうがない、ジミー。
悪いのは僕らだ。
なんとかして犬小屋を直そう」

ジミー「そうだね、ボブ。
まずは屋根から作ろうか」

ボブ「そしたら、この板は長すぎるから、半分に切ろうよ。
ジミー、僕が切るから押さえててくれる?」

ジミー「オッケー」

ママ「ねえあなた、ボブとジミーは犬小屋を直したのかしら?」

パパ「それが、まったくだ。
けしからん息子どもだよ。
しまいには『パパぁ~、腕切っちゃったぁ~』って嘘泣きするんだ。
しらじらしく一面ケチャップだらけにしおって。
しっかり自分の行動の責任を取りなさいと言ってきたよ」

ママ「あの2人の嘘やイタズラにも困ったものね…
あら?2人とも犬小屋の修理ほっぽり出して、
どこ行っちゃったのかしら。
しょうがない子たちね」

パパ「なんだと?
帰って来たらさらに罰を与えないとな!
今月の小遣いはなしだ!」

ママ「でも、まだまだ子どもねえ。
ケチャップと間違えてウスターソースを取っちゃったみたいよ。
さ、家に入りましょう。
あの子たちもおなかがすいたら帰ってくるわ」

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



ボブとジミーはいつも嘘を付いているんだけど、今回は本当に「腕を切ってしまった」んだろう。

いたづらで撒いたケチャップではなく、本当の赤い血が一面に広がっていたんだろう。
その後にママが「ウスターソース」と言っていることから、相当時間が経ったんだろろう。(血は参加すると黒くなる、黒くなった血がウスターソースに見えたのかな)

二人がいないということから、きっと近所の人に病院に連れて行ってもらったんだろう。そう願いたいね。

ちょっと呑気だけど、怖い話だね。