夜のバス

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
最終バス

最終間近の路線バス。

すこし酔っていたせいかうつらうつらとしていると、降車ボタンが押された音にはっと目を覚ます。

次は私の降りる停留所。いかんいかん乗り過ごしていたら大変な所だった。

私が一人降りると乗客の居なくなったバスはそのまま発車する。

客が居ないのにご苦労なこったな


解読人数
17+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



意味がわかるとひんやりと怖い話ですね。
意味はわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

「私が一人降りると乗客の居なくなったバス」とあるように、語り手はこのバスの最後の乗客なのです。

語り手はさらにうつらうつらとしていて乗り過ごしてしまいそうだったはずなのに、いったい誰が降車ボタンを押したのでしょうか…

怖い話です。



解読人数
17+