【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

ヤドカリ

ヤドカリ

『只今の時刻は8時10分!ニュースをお伝えします。―――――犯人は自らを”ヤドカリ”と名乗り逃亡中。警察は全力をあげて、捜査をしている模様です。以上、中継でした――』

最近よく流れているニュースだ。

何でも、犯人は工具や金属の扱いに長けていて、いとも簡単に他人の家に忍び込むらしい。

居住者を殺し、一日~二日くらいその住居に住み着き、また別の家を探す。

ちょっと飽きっぽいヤドカリみたいな奴だとか。

ぴったりの名前かもしれない。

(報道ってすごいなぁ。ちょっと事件が起きただけですぐに嗅ぎ付け、世間に広まる。これじゃあ迂闊に犯罪もできないはずなんだけど…それでもやる人ってよっぽど自信過剰かバカか…(笑)それとも………っと…あらら、もうこんな時間)

私はリビングにあるはずのリモコンを探しクーラーの電源を切り、テレビを消し、戸締まりを確認したところで荷物を確認して外へ出た。

相変わらず重いなぁ…(笑)

電車に乗って、暇潰しにヤドカリについて調べる。

少し子供向けのページだけど分かりやすく書かれている。

ヤドカリは自分が快適に過ごせる家を見つけるプロなんだ!とか、まぁそんな感じの砕けた文章だった。

電車を降り、時刻は大体18時くらい。

早いところでは勤務が終わっている時間だ。

「さて、私も帰るかなー?」

私好みの閑静な住宅街に寂しく響くのは誰に聞こえるわけでもない独り言。

苦笑いと共に溜め息を一つ吐いて家の前に立つ。

鞄からカギを取り出し、鍵穴に差し込む。

カギをクイッと捻り、扉を空け、家に入り鍵を閉め、まず最初にするのはクーラーを点けること。

「は~~~~~~涼しい~~~~~~~!夏はクーラー無いと暑くてやってらんないよね~~~~~~~♪」

次に私はキッチンに向かい、戸棚の確認をしてから冷蔵庫を開け、ビールを取り出た。

玄関からは見えない方の椅子に座り、主人の帰りを待つ。

飛びっ斬りのサプライズをしてやろう(笑)

―ガチャ

鍵を開ける音がした。

主人の帰宅だ。

私はサプライズをする為、息を殺し、キッチンに隠れる。

玄関から居間に繋がる廊下では主人が

「あれぇ!?クーラーちゃんと消したはずなんだけどなぁ…電気代勿体無い……」

なんて嘆いてる。

ま、私には関係無いけどー♪

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



語り手が殺人鬼(ヤドカリ)なんだね。

エゴサーチしてますね。

相変わらず重いというのは殺すための道具を持ち歩いているからかな・・・

鍵を開けられ、クーラーが点いていて、殺人鬼が潜んでいるなんてそりゃサプライズでしょうよ・・・

-IMI-


解説を書いてみる