【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

鏡の前に立つと

ある中学校の階段の踊り場に大きな鏡があり、
4時44分にその前に立つと死ぬという噂があった。

放課後、
美術部の女の子が3人美術室に残って絵を描いていて、
おもしろ半分に4時44分に
その鏡の前に立ってみようということになった。

で、いざ鏡の前に来ると
3人とも怖くて鏡を覗けない。

そこで3人はジャンケンをし、
負けた女の子が覗くことになった。

その負けた子は4時44分きっかりになるのを見届けて、
恐る恐る鏡の前に立った。

・・・何も起こらない。

3人はなあんだと笑いながら美術室に戻った。


時間はたち、7時過ぎ。

2人の女の子は絵を描き終え先に帰ったが、
さっき鏡を覗いた女の子だけが

「もう少しやっていく」

と言い、一人残った。

そしてようやく描き終わり、
彼女は美術室を出た。

ふとさっきの階段の踊り場の前まで来て、
腕時計を見ると、7時16分。

彼女は何気なく鏡を覗いた。

すると・・・

突然鏡の中から手が伸びてきて、
彼女を鏡の中に引きずり込んでしまった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる