ランニング

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
ジョギング

ある日曜日のこと、
私は日課のウォーキングをしに
早朝の河川敷へと向かった。

ここは綺麗に整備された舗装路があり、
ジョギングや散歩をするには持ってこいの場所だ。

その舗装路を下流へと歩いていると、
正面から誰か走ってきた。

黒い長袖長ズボンのスポーツウェアに
青いスニーカーを履いた男だ。

私は彼に軽い挨拶をしたが、
彼は何も返さずに横を走り抜けて行った。

その後、
誰とも会わずに舗装路の下流端に着き、
折り返して上流へ向かい歩いていると、
誰かが私を追い抜いて行った。

黒い長袖長ズボンのスポーツウェアに
青いスニーカーを履いた男だ。

あれ、彼はさっきも上流に向かって走っていったはずじゃ……

気になった私は、
直後に私を追い抜いた白いスポーツウェアの男性を呼び止めて
この事を話した。

すると男性は笑顔でこう答えた。

「彼ね、上流端まで着くと
橋を渡って対岸を下流端まで走ってるんですよ。
だからこっち岸を走る時は常に上流向きなんです。
僕はずっと彼の後ろを走ってるので、間違いないですよ」

それを聞いた私はホッとし、
男性を呼び止めてしまったことを詫びた。

男性は、
気にしないでください、
と手を振って再び走っていった。


解読人数
5+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



地味に怖い話ですね。

それでは解説です。

語り手が何度も会ってしまう「黒い長袖長ズボンのスポーツウェアに青いスニーカーを履いた男」も不気味だが、「白いスポーツウェアの男性」の説明を聞くと納得がいく。橋を渡って川沿いを周回しているので何度も同じ向きに会ってしまうのだ。
理由を聞くと何ということはない話なのだが少し変なことに気づかないだろうか。

語り手が話を聞いた「白いスポーツウェアの男性」は、「ずっと彼の後ろを走ってる」ということなのだから、黒いスポーツウェアの男性と同じように何度もすれ違っていなくてはならないのだ。

黒いスポーツウェアの男性と何度もすれ違っていたのに、白いスポーツウェアの男性は一回しかすれ違っていない…。

気にしないでくださいと言われても気になってしまいますよね。

地味に怖いです。



解読人数
5+