【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

蓮コラ

「蓮コラ」
要はブツブツだらけの見るだけで痒くなる絵である。
(中にはこれを好む作家もいる)

私の友人はこれが大嫌いで滑らかな「大理石」など
ツルツルしたものにしか興味を示さない。

自分が風疹にかかったときに
こういった状態になったことがトラウマになった。

友人はその後バイオ科学技術に進路を進めて
さまざまなウィルスを治す薬を手に入れてきた。

ある意味ウィルスの電子顕微鏡で見たものも蓮コラかもしれない。

ところが友人が何かを顕微鏡で見て青ざめた・・・。

その後彼は特殊な機械を作り・・・・。

友人と連絡が取れないというので
私は友人の研究所に行ってみると・・・。

あの機械から微粒子とも言える粉のようなもの、
そしてゼリー状のもの

最後に奇妙な臭いのする液体と友人の服が出てきた。

私は・・・・声が出なかった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる