【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
足が痛い

友達が小学生のとき、学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。

で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。

ある日、その遊具で怪我人が出た。

遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。

両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。

そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。

20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、聞いた時は何が怖いのかわからなかった。

わかってから何か怖くなったよ。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



最初は「足が痛い」と言って、「両手で遊具の柱を掴み」身体を支えて片足で立ち上がれた。

しかし、保健室に行って、その後病院に行くと、「両手」両足を複雑骨折したという。



両手はいつ骨折したのだろう?

おそらく、空白の保健室での20分に、同伴していた生徒に何かされたのだろう。


解説を書いてみる