意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話

謎の声

67

俺、葉山真司(はやましんじ)は仕事を終え、同僚と居酒屋へ飲みに来ていた。

「俺、そろそろ帰るわー」

「もうかえんの?お疲れーっ」

なんか、からだがだるい。

速く帰って寝よう。

そう思って、途中で帰ることにした。

暗い道を歩いた。

まあ、いつものことだ。

酔っているのか、おぼつかない足取りで歩いていた。

いつものように曲がり角を曲がろうとしたとき、誰かの声が聞こえた。

『真司前!』

「…え?」

いきなり言われて驚き、立ち止まった。

そして、前を見ると

『ブロロロッ…』

トラックが俺の目の前を結構なスピードで通過していったのだ。

「っぶねー…」

もし、声がしなかったら俺は轢かれていたかもしれない。

しかし…一体誰が…?

まわりには、誰もいない。

まさか、守護霊ってやつ?

まさかな(笑)

まっいっか!

それより、早く帰って寝たいんだ。

真司は、足早に自宅へと向かった。

翌日、いつものように起きた真司は会社へ行くために、駅へ向かった。

『ヴーッヴーッ』

ん?メールだ。

真司は携帯を取り出し、メールを見た。

同僚からだ。

まあ、そうたいした内容ではなかった。

そして、返信を打っていると、またあの声がした。

『真司前!』

「え?っうおっ!」

目の前には階段があり、あと一歩のところで、危うく転げ落ちるところだった。

またあの声か…

いやぁ、ありがたい。

おかげで助かったよ。

守護霊かなにか知らねーけど、感謝するぜ!

そう、心に思った。

それから、何回かその声に助けられることがあった。

いやぁありがたい。

これからもよろしく頼むぜ!

…しかしある日、
真司は上から降ってきた鉄柱が刺さり、病院へ運ばれたが死亡した。

そのときも、あの声がしたらしいが、今回は前でなく上。

残念ながら真司は気づかず、そのまま死んだ。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「謎の声」の解説



解説は後ほど追加される予定です