おじいちゃん

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん

そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。

その手紙が毎日届くようになってから数ヶ月ほど立った後、急に手紙がこなくなった。

今やその手紙が毎日の楽しみになっていたおじいさんは、どうした事かと心配になった。

山奥から街に出てきて孫の家を訪ねると、なんと孫は何者かに殺されていた。

おじいさんは酷く悲しんで、絶対に犯人を捕まえてやろうと思った。

いや、もう犯人は解ってる。犯人は奴しかいない…

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



本当にありそうで怖い話ですね。
あなたは意味がわかりましたか?
それでは解説です。

おそらく犯人は手紙を配達している「郵便配達員」でしょうね。
一見孫とおじいさんの心温まる話なのですが、郵便配達をしている人から見たら通常の業務に加えて毎日毎日山奥まで一通の手紙を届けなくてはならないわけですからね。

そんなに用事がないなら、まとめてくれよと思いますよね…

とはいえ孫を殺すことはないと思いますがね。

こういった短絡的な行動をとる人が最近増えてきているような気もしますしなんだか怖い話ですね。

IMI


解説を書いてみる