【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

事件現場の写真

現場写真

アメリカで残虐な殺人事件があった。

警官たちが通報を受けてその部屋に行くと、そこには描写するのをためらうほど損傷を受けた遺体があった。

一人の新人警官が嘔吐感に堪えながら、現場保存のため遺体や部屋の写真を撮っていると、

(その警察署では、これは新人の仕事だった)

ある壁に文字らしきものがあるのを発見した。

近づいてよく見てみると、計算機に表示されるような形で『7734』と数字が書かれているようだった。

その数字は被害者の血で書かれていて、新人警官はその意味を理解できず呆然としていた。

「おい何やってんだ、さっさと仕事しろ」

先輩の声に、持っていたデジタルカメラを落としそうになった彼は、慌ててその数字を写真に撮った。

「ちゃんと撮っただろうな。おまえこの前も変な撮り方したろ」

先輩の文句も、悲惨な現場の雰囲気に気おされている新人警官の耳には、雑音のように聞こえていた……

自分が撮影したデータを資料化していて、新人警官は自分がまた撮影ミスをしていることに気づいた。

「このカメラの形がよくないんだ」と呟きながら、彼はその画像をよく見るなり息を飲んだ。

あの壁に書かれていた文字の写真。

彼は蒼白になって、そのデータを削除したという。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



計算機に表示されるような形で『7734』と数字が書かれているようだった。

「計算機に表示されているような形」ということは、、わかるかなぁ。
昔の電卓の数字を想像できるかな?

それを天地逆から読むと

「hELL」(地獄)と読める。

まぁよくある暗号系の話なんだけど、先輩の言葉が意味深だよね。

「変な撮り方(=逆から撮っているぞ)」ということなので、先輩はこの暗号の意味を知っているということになる。

もしかしたらこの先輩が犯人なのかもね。

でもなんでデータを削除したんだろ・・

-IMI-


解説を書いてみる