意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

毒入り紅茶

164

「ここはどこだ?」

見覚えの無い部屋。

真っ白な壁と天井。

自分の後ろにある赤い扉。

そして黒い椅子に座っている私と、黒いテーブルの向かいに座っている名も知らない男。

男もやはり黒い椅子に座っていた。

男「やっと目が覚めたか」

私「そんな事はいいからここからだせ!」

男「まぁまぁ、話だけは聞いてみて下さいよ」

男は飲んでいた紅茶を左手に置き話し始めた。

男「このテーブルの上には6つのティーカップがある。」

私「……」

男「そして全てのカップに紅茶が入っている。」

私「……」

男「今からあなたが自由に選んだ紅茶を1つ飲んでいただきます。」

私「……」

男「ただし、いくつかの紅茶の中には死に至る程の毒が入っています。」

私「……」

男「もしあなたが毒の入っていない紅茶を飲むことが出来たら、この部屋の鍵を渡そう。」

私「全部に毒が入ってるんじゃないか?」

男「そんなことは無い。毒の入って無い紅茶もある。」

男「では選びたまえ。」

私(結局ただの確率…なら…コレだ!)

ドサッ

男「やはりダメだったか…」

男はそう呟いて持っていた紅茶をまた飲んでいた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です