【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

HAPPY BIRTHDAY TO YOU!

朋美は腹を立てていた。

明日は自分の誕生日だというのに、
恋人の健太は急な出張で
今から大阪に飛ばねばならないという。

「誕生日は一緒に祝ってくれるって約束したのに…」

『悪いな。
取引先との急な仕事が入っちゃってさ。
でも、朋美の誕生日は一番に祝うよ』

「本当?約束よ?絶対だからね!」

『ああ、約束するよ。
じゃあね朋美。
愛してるよ』

そんな恋人同士のありふれた会話を交わし、
朋美は電話を切った。

「さってと…もう寝よ~っと」

夜の11時、
朋美は部屋の明かりを消して、
ベッドに入った。

今夜は両親も留守で、
二階建ての一軒家には朋美一人である。

(ちょっと怖いな…
ま、幽霊なんているわけないしね。
平気平気)

そんなことを考えて、
朋美は眠りについた。

どれ程経っただろうか。

うつらうつらと舟を漕いでいた朋美は、
物音に目を覚ます。

ガサゴソという何かを漁る音。

ギュッギュッという室内では不自然な足音。

ドアが開閉する音。

全ては下の階から聞こえる。

朋美の脳は一瞬にして覚醒する。

泥棒…

朋美の脳裏に浮かんだ二文字は、
規則的な足音が階段をのぼってくることで色濃くなる。

(やだ!こっちにくる!どうしよう…)

朋美は焦った。

足音は間近だ。

朋美の寝室の隣から聞こえてくる。

慌てた朋美は、
それでも極力音を立てぬように
クローゼットの中に隠れる。

咄嗟に枕元に目覚まし用にと
置いていた携帯も掴んだ。

朋美がクローゼットの戸を閉めた瞬間、
部屋のドアが開く。

入ってきたのは大柄な男。

男が自分の部屋に入ってくる様子を、
朋美はクローゼットの戸の隙間から見ていた。

机の上に置かれた蛍光塗料付きの時計が放つ緑色の怪しい光が、
男の持つ何かを照らし出す。

それは、包丁だった。

(いやだ…いやだ!
見つかったら殺される!
助けて健太、健太!)

男がすぐそこにいては、
警察に電話することもできない。

朋美は来るはずのない健太に助けを求めた。

(ん…?健太…?)

何かが頭に引っ掛かる。

ふと、
目線をうろついている男から、
机の上に移す。

時計の針がカチリ、
と音を立てて重なった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる