【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

救助

救助隊

「おい!しっかりしろ!」

温かい液体が、俺の顔に落ちてくる。

生臭い…

多分、血だろう…

「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」

俺は、暗闇でそう叫ぶおじさんに元気付けられた。

数時間後…

「誰かいるか!?」

誰かの声が聞こえた。

「よかったな!これで助かったぞ!」

おじさんが言う。

そして俺は救助された。

俺はその時、救助隊員に尋ねたんだ。

「俺のすぐ上にいたおじさんは無事ですか?」

しかし、救助隊員は…

「あなたの上にいた男性は、すでに死後硬直が始まっていました…」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



これぞ「意味怖」という話ですね。

語り部は事故・災害にでも巻き込まれたのだろうか。
真っ暗なところに閉じ込められている。

上にいる「おじさん」に
「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」
「よかったな!これで助かったぞ!」
と励まされている。

が…
残念なことに救助された時には既におじさんは亡くなっていて死後硬直が始まっていたと…。あれ?少し変だぞ。

死後硬直はだいた2〜3時間で始まるらしいので、救助時はもちろん、もしかしたら最初の頃から既におじさんはこの世の人ではなかったかもしれない!

怖い、というより死んでもなお生存者を励ましたというほっこりする話なのかもしれないね。

-IMI-


解説を書いてみる