意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

ロボット

130

ある所に博士と彼が造ったロボットが暮らしていた…

そのロボットは高性能で精密な造りであったためメンテナンスや修理は欠かせなかった…

ロボット「博士、お茶をドウゾ…」

博士「ありがとう、ゴホッ、ゴホッ!」

ロボット「?博士、どうしたんデスカ?」

博士「ああ、カゼをひいたみたいでな…体の調子が悪いんだよ…」

ロボット「そうなんデスカ…じゃあ私が直してあげマス…」

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です