【意味怖】
意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

新米消防士

219

俺は新米消防士だ。

最近は不審火による火事が多く、
俺みたいな新米もすぐに現場に駆り出される。

今日は非番だというのに
昼間っからデパートが火事だという。

火事のあっているデパートは
鉄筋の7階建てという大きなものだ。

現場では逃げ遅れた人々が
高層階の窓際に幾重にもひしめき合って救援をもとめており、
なんともいたたまれない気分になる。

出火元は2階の布団売り場のようで、
既に上の階にも火の手が回っていて近寄れない。

俺は懸命に消火活動を試みたが、
炎は水を吸ったように上へ上へ伸びて行くだけ。

かといって窓に分厚い強化ガラスが貼られている為、
窓を簡単に割ることもできない。

結局、俺の奮闘の甲斐もなく、
2階から上は全焼。

そして誰も助からなかった。

こんな経験は初めてでショックを受けたが、
誰も慰めてはくれなかった。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「新米消防士」の解説