意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話

101号室

106

俺はかつてアパートの101号室に住んでいた。
チャイムは鳴らない。カビくさいと…俗にいうボロアパート。

漫画を読みながら、ふと窓に目をやると友人の姿が…。

各部屋の玄関は裏手にあるため、アパートの訪問者は必ずこの101号室の窓を通るのだ。

『ドンドン』間髪入れずにドアを叩く音が聞こえた。

しばらくして友人が帰ると、俺はまた窓の方を向いて漫画を読み始めた。

すると一人の見知らぬ男が通り過ぎた。

俺は気にも止めず漫画を読んでいると、2~3分後に隣からチャイムの音が聞こえた。

それから30分は経っただろうか…

再び、用事を済ませた男が窓を通り過ぎると今度は目が合った。

翌日、警察が来て、隣の住人が殺されたのを知った。

警察の捜査によると、無差別強盗殺人だったそうだ。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「101号室」の解説



解説は後ほど追加される予定です