意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話

走るお兄さん

145

僕が学校から帰ると毎日若いお兄さんが学校周りを走っている。

大学生らしく、いい体つきをしている。

運動が苦手な僕はお兄さんに憧れていた。

ある日僕の学校で火災報知器のベルが鳴った。

どうやら校庭の草木が燃えたようだ。

大事には至らなかったので、みな、焼却炉の火の粉が燃え移ったとかそんな話で事はすまされた。

その日からお兄さんが消えた。

そして一週間後、近くのデパートが燃えた。

どうやら放火らしい。

大きな火災だったのでテレビでニュースがやっていた。

ふと中継場所をみていると、デパートの周りをお兄さんが走っていた。

そして一ヶ月後お兄さんが僕の家の周りを走っていた。

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「走るお兄さん」の解説



解説は後ほど追加される予定です