【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
錆びない体

普通
薬

「錆びない体」は女性の憧れ、有る研究をしている化学者の下に一人の女優が訪れた。

白衣の男が出迎える

「これはこれは、お待ちしておりました」

「挨拶はいいから例の物を頂戴!」

白衣の男は小瓶に入った一つのカプセルを手渡した。

「これで錆びない身体になれますよ」

「本当ね!」

彼女の必死な形相に反して男は冷静な表情でこう聞き返した。

「本当にいいんですね、錆びない身体で」

「当たり前でしょ!」

帰る女優を見て男は終始無表情だった。

翌日、自宅で女優が死んでいるのが発見された。

「殺しか!?」

「それがおかしいんですよ」

「なにが?」

「変死としか言い様がないんです、体中の酸素が不足しているどころか全くないんです、しかも静脈はともかく動脈の血も黒く変色しているんです」

ニュースを見た化学者は言った

「人には錆びてなければいけないところもあるんですよ」

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



つつまらない・・・

中学校で理科の勉強をしたばかりの人が作ったような話だな・・・

錆びないとは酸化しないということ。

人間の血液の赤血球は酸素を運ぶ働きがある。
(その時ヘモグロビンが酸化している)

まぁ科学者は錆びない薬を渡したので、ヘモグロビンが酸素と結びつくことなく、この女優さんは死んでしまったんだろうね。

(酸化した血は鮮やかな赤色で動脈を流れていて、酸素を運び終えた黒い血は静脈を流れています)

こういうプチ科学ネタは個人的にあまり好きではない

-IMI-


解説を書いてみる



PREV
用水路
NEXT
放送室