【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

雪山

2月某日。

今日は久々の休日。

俺は仲良しだった友人を連れて雪山を登った。

Aはラーメン職人、
Bはデザイナー、
Cは大工
等、皆それぞれ色々な仕事に就いていた。

凍えるような寒さの中、
昔話に花を咲かせた。

吹雪が起きていたのも忘れて。

そして…

俺「…あれ?迷ったか?」

C「おいおい!マジかよ!?」

B「とりあえず、
この吹雪の中だから危険だわ!
皆しっかり手を繋いで!」

そう。この吹雪、
隣のやつの顔が見えないほどの強いものだった。

Bに指示され、
皆で手を繋いだ。

A「あそこに小屋あるぞ!
とりあえず入ろう!」

助かった。

こんな偶然あるものなのか。

皆で小屋の中に入る事に。

A「お前らの手、温かいな。
おかげで両手温まったよ。」

C「そうだな。
皆のおかげで凍傷にならずに済んだかも。
すごく温まった。
両手だけだけどね。」

B「確かに温まったわね。
今も熱が残ってる。」

俺「とりあえず…食料はあるか?」

一同「…無いな」


『君!君!大丈夫か!?』

『喋れるか?よく生き延びたな!』

?「えぇ、麺作って生き延びましたから。」

『…?まぁ、いいか。
とにかく一緒に降りよう!』

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる