意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

200

私は数年前に事故で障害を持った。

知り合いも見舞いに来て励ましてくれたが一ヶ月間ぐらい酷く落ち込んだ。

そんな私を救ったのは歌だった、歌は私の唯一の得意なものであり生き甲斐だった。

それから毎日歌った、朝も昼も夜も、毎日毎日、だって私の得意分野だもの!

色んな人に歌って聴かせた、友達は泣いたお母さんも泣いた、

「元気そうで良かった…」だって!少し照れる

その後単身赴任していたお父さんにも聞かせてあげた、するとお父さんの顔が歪んだ。

そしてお父さんは走って部屋を出て行った、ドアは勢いよく閉めた、と思う。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です