【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

念力の伝達速度

この世に光よりも早いものは存在しないことはよく知られている。

ところが、ある世界的な超能力者が己の念力の伝達速度を知りたいと、

奇妙な実験を行ったことがあった。

地球からおよそ740光年離れた恒星に念力を飛ばし、

意図的に激しく明滅させるというのである。

結果は実験開始からわずか10秒後、恒星は見事に明滅した。

超能力者は

「光と等速でも740年かかる距離を10秒だ!

念力の真空伝達速度は光を遥かに超える!」

と興奮した。

彼は、この実験結果の真の不気味さに気がつくことはなかったという。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる