肝試し

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
夏合宿

Summer training camp
大学に入って、サークルに入って、皆とワイワイする。

これぞ大学生っしょ(笑)

夏休みを利用して、サークルメンバーと合宿中。

2泊3日で、
カップルが出来た奴、
失恋して落ちてる奴、
青春だよなぁ~。

最終日の夜、
サークルのメンバーで肝試ししようって話になった。

皆、『え~』って言ってたけど、
まんざらでも無い様子。

ルールは男女一組で、
ちょっとした林の中にある神社の賽銭箱の脇に、
名前の書いた札を置いてまた戻ってくるというもの。

当然、置いた札は翌朝回収するんだけど。

男女の組は自由。

俺もペアを探すことにした。

最近入ったコかな?

1人の女の子がグループの傍で輪に入れずにいたから、声をかけた。

俺『一緒にペア組まない?』

『いいよ。でも、怖くないの?』

俺『大丈夫だよ、お化けなんていないから。いたら俺が守ってあげるって。』

って、俺、カッコいいんじゃね?(笑)

『ちゃんと守ってよね』

俺『まかせとけって!』

よし。

肝試しが終わった頃には、俺にもカノジョが出来るかも。

淡い期待を抱きながら、
肝試しがスタートした。

一組、また一組と
男女のペアがスタート地点に戻ってくる。

女の子が男にしがみついているペア。

逆に、
男が女の子にしがみついているペア。

情けないなぁ。

男ならシャンとしろよ!

熱くなれよー!(修造風)

最後に俺たちの番になった。

サークルのメンバーから、

『ま、いいか。
あとはお前だけだ。行ってこい!』

『楽しんで来いよー!w』

『ははは(笑)行ってらー。』

皆、盛り上がってるなぁ。

俺『よし、行こうか。』

『うん』

俺たちは寄り添いながら
神社の賽銭箱のある位置まで行き、
札を置いて、また戻ってきた。

道中、特にこれといったこともなく、
すんなり賽銭箱の所まで着いた。

意外にも、
俺とペアを組んだ子も怖がる様子を見せず、
プチハプニングを期待していた俺には、
ちょっと残念だった(笑)

でも、
名前を書いた札を無くしたって言ってたから、
少しは怖がってたのかな。

最後に皆で集まって記念撮影。

【パシャッ!】

こうして肝試しも終わり、
9人でのテニスサークルの合宿も終わった。

翌日の帰りの電車は、
グループ予約で席が決められていたので、
決められた席にそれぞれ着いた。

楽しかったけど、疲れた。

俺は空いた座席にカバンを置き、
カバンからデジカメを取り出して、
昨夜の肝試しの記念に撮った集合写真を見ることにしたのだった。


解読人数
12+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



少し長い話ですが、意味はわかりましたでしょうか?

それでは解説です。

語り手は、
サークルのメンバーから、
「ま、いいか。あとはお前だけだ。行ってこい!」
と言われていたり、
最後に書いてあるように
「【9人での】テニスサークルの合宿も終わった。」
とのことから、
語り手は実は「一人で」肝試しをしていた。
サークルのメンバーは「ま、いいか。(一人でも)」という意味で声を掛けたのだろう。しかも「お前だけ」と言っていて、「お前たち」とは言われていない。

語り手が見つけたという「輪に入れないで一人でいた女の子」というのは実は幽霊だったんだろうね。話しているけど、笑。

デジカメには彼女が写っているのか、それとも、、、

考えると怖いですね。



解読人数
12+