【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

普通 短い

スーパー赤ちゃん

赤ちゃん

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。

その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。

第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうです。

ところが次の日、おじいちゃんは死んでしまいました。

赤ちゃんはまた、言葉を発しました。 「おかあさん」と。

そして次の日には、おかあさんが息を引き取りました。

おとうさんは震え上がりました。どうすればいいんだろう・・悩みに悩みました。

一時は子供を殺す事まで考えましたが、さすがにそれは出来ませんでした。

そして、ついに赤ちゃんは言いました。「おとうさん」と。

お父さんは半狂乱になりました。

次の日、隣のおじさんが死にました。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



隣のおじさんが赤ちゃんの本当のお父さんだったのである。

おかあさんは不倫をしていたのね。。。

おとうさんとしては違った意味で怖い話だね。
死ななくてよかったけど、笑


-IMI-


解説を書いてみる